松尾友平税理士事務所 >  税務通信 > 消費税 > 消費税の基本

消費税の基本

2016年06月20日(月)5:08 PM
 例えば540円のお弁当を買ったとき、支払った540円のうち40円は消費税です。

このように、私たちは買い物をするとき、消費税を含めた金額を支払っています。

しかし、購入したものがお弁当ではなく200円の印紙だった場合、私たちは消費税

を支払っていません。また、お給料を支払うときも、消費税は支払っていません。

 なぜ消費税を支払う場合と、支払わなくてよい場合があるのでしょうか。


消費税の課税の対象となるのは、次に挙げる4つの要件を全て満たす場合です。

 
  <4つの要件>

  ① 国内において行うもの

  ② 事業者が事業として行うもの

  ③ 対価を得て(有償で)行うもの

  ④ 資産の譲渡、資産の貸付け、役務の提供であること


 すべてを満たす場合が課税対象取引、どれか1つでも満たさない場合は

不課税取引となります。

  |  

事務所概要

長崎市役所より徒歩5分

松尾友平税理士事務所

〒850-0032
長崎市興善町7番7号
TEL:0120-879-874
FAX:095-823-8891
MAIL:k.matuo@tkcnf.or.jp
受付時間 9時00分〜17時30分
定休日 土日祝

新規事業開業を応援するBMフランチャイズ認定、優良ビジネスコンサルタント