記事一覧

相続税は、相続または遺贈等により取得したすべての財産について対象となります。 財産とは、大きく2つに分別すると被相続人が所有していた「本来の相続財産」と死亡後に被相続人の財産となる「みなし相続財産」に分けられます。 「本 […]

記事を読む »

遺贈

2016年06月28日(火)5:27 午後
 亡くなった人が生前に、遺言書で「自分が亡くなったら、この土地をAさんにあげる。」と 決めている時があります。この遺言書は、人の生前における最終の意志を尊重し、これを法的に 保護する制度ですが、人の死亡によってその効果が […]

記事を読む »

相続税が課税される理由

2016年06月27日(月)9:48 午前
相続税が課税される理由としては、2つの理由があります。 一つ目は、被相続人の今までの所得税を、死亡の際に清算しようという考え方です。 死亡により遺族等に移した財産から、課税上の清算を行います。 二つ目は、富める人から税金 […]

記事を読む »

贈与とは

2016年06月25日(土)5:03 午後
贈与とは、民法第549条において、 「贈与は、当事者の一方が事故の財産を無償で相手方に与える意志を表示し、相手方が受諾を することによって、その効力を生ずる。」と規定しています。 よって、当事者間の合意のもとにより、贈与 […]

記事を読む »

遺言能力

2016年06月25日(土)4:57 午後
満15歳になった者は、遺言能力があるものと規定されてます。

記事を読む »

遺言の方式

2016年06月25日(土)4:55 午後
遺言書の方式は、普通方式と特別方式の2種類があり、 普通方式の内容は、以下の3種類です。  1.自筆証書遺言  2.公正証書遺言  3.秘密証書遺言

記事を読む »

指定相続分

2016年06月25日(土)4:51 午後
遺言によって財産を分配することを指定相続分と呼びます。 これは、被相続人の意志を尊重する制度で、法定相続分より優先して適用されます。

記事を読む »

法定相続分

2016年06月25日(土)4:12 午後
法定相続分は次のように決められています。  第1順位 配偶者、子、共に1/2  第2順位 配偶者2/3、直系尊属1/3  第3順位 配偶者3/4、兄弟姉妹1/4  ※子、直系尊属、兄弟姉妹が複数の場合は均等されます。

記事を読む »

相続人がいない場合

2016年06月25日(土)3:54 午後
相続人が不明の場合又は相続人全員が放棄した場合は、相続人を捜索しつつ、財産を管理・清算 することが、民法で定められています。

記事を読む »

相続の放棄

2016年06月25日(土)3:42 午後
相続人の権利を放棄すれば、その者はプラスの財産、マイナスの財産共に承継しないことができます。 放棄するためには、相続開始を知った日から3月以内に、家庭裁判所に、相続しない旨の書類を提出 しなければなりません。

記事を読む »

次のページへ »

ページトップへ